平成29年度の通常総会・講演会・交流会を開催しました。

西日本・カンボジア友好協会設立4年目となる平成29年度の通常総会・講演会・交流会を開催しました。

講演会の講師には、ミャンマー・カンボジア・ラオスなどの活動地で年間2,000件以上の手術を行い、1万人以上の幼い命を救い続ける吉岡先生をお呼びしてお話頂きました。

先生が向き合ってきた現場の環境や、活動をお伝え頂き、会場内は皆食い入るように先生のご用意頂いた写真を見て聞き入っていました。

今年度より役員に医療関係従事者をとの事で総会でも議案が承認されましたので、今後当友好協会でも医療関係の社会貢献を推進していく所存です。

今後とも西日本・カンボジア友好協会の活動にご理解・ご協力を何卒宜しくお願い申し上げます。

 

【通常総会】
1.開会挨拶
2.議案審議
  第1号議案 協会会則の変更(案)について
  第2号議案 役員の選任(案)について
  第3号議案 平成28年度事業報告ならびに決算報告について
  第4号議案 平成29年度事業計画(案)ならびに収支予算(案)について
3.報告会
  カンボジアの子ども達を支援する会活動報告
  視察ツアー参加報告

 

【講演会】
講師:特定非営利活動法人ジャパンハート 代表 吉岡 秀人 氏
演題:「感性で生きる~20年以上アジア途上国のいのちの最前線で戦う小児外科医からのメッセージ~」
講師プロフィール

現在もミャンマー・カンボジア・ラオスなどの活動地で年間2,000件以上の手術を行い、幼い命を救い続け、その数は1万人を超えている。

海外では、実際の医療活動の他、視覚障害者自立支援活動、エイズや貧困で人身売買の危険にさらされている子どもたちの保護と養育施設「Dream Train」の運営、災害孤児の養育支援、学校での保健・衛生教育事業、医師・看護師育成事業などを行う。
国内では医療者の不足する離島や僻地に看護師を派遣する事業、がんの子どもや家族に旅行をはじめとするさまざまな企画を通して元気をもらってもらう「すまいる・スマイルプロジェクト」などを行っている。

 
通常総会の様子

写真①総会

報告会① カンボジアの子ども達を支援する会

報告者 カンボジアの子ども達を支援する会 会長 横山 正幸 氏

写真②報告

報告会② CMC地雷撤去キャンペーン視察団派遣報告

報告者 中村学園女子高等学校 3年 坂田 結依 さん

写真③報告

講演会

講師 特定非営利活動法人ジャパンハート 代表 吉岡 秀人 氏

写真④講演会

交流会 留学生による自己紹介

写真⑤留学生

交流会 集合写真

写真⑥集合写真

 

カテゴリー: イベント・セミナー, トピックス, ビジネス研究会 イベント・セミナー, 視察 活動報告, 視察 イベント・セミナー   パーマリンク